梅干しの飴で唾液量を増やして口臭予防!「クエン酸キャンディー」がコスパ最高

梅干しの飴で唾液量を増やして口臭予防!「クエン酸キャンディー」がコスパ最高

45歳男性会社員です。

 

私は中年になった頃、おおよそ30代後半になった頃から自分の口臭が

クサイことに気づきました。

 

 

元々歯磨きがあまり好きでは無く、ズボラな性格も災いし酷い時では

数日間に一度(1週間に一度)という頻度でした。

 

当然歯や歯茎には良いとは言えず、虫歯になり2年ほど歯科に通う

有様で、歯茎は歯肉炎に罹り血色も悪く歯磨きすると血がにじむ状態

でした。

 

 

そんなズボラな生活を続けていたことにより、歯肉炎で生じる膿に

よりドブのようなウ○コのようなニオイが自分でもはっきり分かる

ようになります。当然周りは気づいており、その時には言われま

せんでしたが歯肉炎が治った頃に”あれ?口臭がしないね”とさりげ

なく言われ、”クサイの分かってたの?”とびっくりすると同時に

恥ずかしくなりました。

唾液の量が減り、再び口臭を感じるように

 

虫歯や歯肉炎が一通り治ったところで、歯磨きも毎日食後にする

ようになりましたが、今度は朝の起きがけや食事の前、特に空腹

になるとちょっと匂う感じがしました。

 

 

また歯の病気かな?と思いいろいろなガムや飴で誤魔化していま

したがどうも効果が無かったようです。

 

因みにその時はクールな成分が含まれているガムや飴でした。

 

 

原因をいろいろ探っていくうちに、”中年になると唾液の量が

減り、細菌の繁殖が増加し口臭の原因になることがある”という

記事を見つけました。

 

確かに最近口が渇くような感覚や、空腹時に口の中が粘る感じが

あり気になっていましたが、唾液が年と共に減少すると言うこと

が分からず、口臭予防に一役買っているとは思っていませんでした。

 

 

まず試したこととしては唾液をより多く出すにはどうするか?

でした。

 

一般的な飴でも十分唾液が分泌されるので口臭予防には効果が

あることが分かりました。

 

 

しかし問題はその持続時間でした。

 

次は、持続時間を長くするにはどうするかを考えるようになりました。

 

 

そこで私は、唾液が多く分泌されること、舐め終わっても細菌の

繁殖を抑える効果があるもの、を選ぶ条件にして探しました。

 

因みに一番頭を悩ませたのが後者の方です。

梅干しが口臭予防効果抜群!

 

そこでちょっとひらめいたのが”酸”といわれるものならば殺菌作用が

あり効果が得られるのではないか?と考え試しに梅干しで実験してみました。

 

すると効果はテキメンで、梅干しをキーワードに考えることにしました。

(ちなみに梅干しは他にも色々な効果があります。詳しくはこちら

 

いろんな梅干しキャンディーやグミ、シートなどを試しましたが

飴で限定されるとなるとズバリ”佐久間製菓のクエン酸キャンディー

です。

 

価格は1袋150円ほどでお手頃ですし、その辺のスーパーでも入手

可能でした。

 

 

それにクエン酸が疲れを癒すと同時に口内の最近繁殖にも効果が

あり、舐め終わってからも殺菌効果が続くようで2時間ほどは口臭

が気になりませんでした。

 

なお、同じクエン酸を含む飴も多く発売されていますが、私はより

酸っぱいのが好きでしたので、長く酸っぱさが続くこの飴を好んで

購入しています。

 

 

一番いいのはクエン酸豊富な梅干しをそのままを齧るのがいいの

ですが、仕事中や会議中などには無理です。

 

飴ならあまり問題にはならないかと個人的には思います。

口臭予防の飴カテゴリの最新記事